ワルキューレの車検と積載

ワルキューレの車検と積載

ワルキューレの車検、車検自体は、バイクがノーマルで大きな問題もなくスムーズに通す事が出来ます。問題があると車体が大きいので取り回しからしてとても厄介です。乾燥重量が350kgですが、乗った感じはとても乗りやすいです。
初期型には、バックギアがありませんでしたが、装着されていてとても助かります。

格安バイクの車検でのバイク運搬車両ハイエース
格安バイクの車検でのバイク運搬車両ハイエース

ワルキューレの積載

ハイエース200系でやっとですね。フロントタイヤをバイクスタンドに載せて固定するのですが、重量車になるとスタンドから引っ張り出す事が難しいのですが、このワルキューレにはバックギアが付いていますので、とても助かります。

ワルキューレの積載
ワルキューレの積載

ワルキューレバックギアの操作方法

ニュートラルでエンジンを始動させて、左シート脇にあるギアをリバースに入れてセルボタンを押す。押している間モーターが動きバックします。この間ヘッドライトが暗くなりかなり電圧が落ちますのでバッテリーを消費していると感じます。

6気筒1600cc

排気音は、バイクとは、思えないまるでスポーツカーの様なマフラー音である。
制作者の遊びご心なのか苦労処だったのか、その正体はこちらだ!

ワルキューレのマフラー構造
ワルキューレのマフラー構造

格安バイク車検トップページバイク車検スマフォ対応サイト案内

ハーレースポーツスタークラッチが切れない

ハーレースポーツスタークラッチが切れない

ハーレー不動車両、車検依頼を受けメンテナンスをしていく。保安基準をはじめとしてチェックをして行くとえらい事になっていました。ねじ山を再生したり、ナンバープレートが後方から見た時に死角が出来ていたり、車検書上と幅の寸法が3cmも違っていたり、対策、加工、メンテナンスも終わってと安堵したのですが、車両を積載しようとしたらギアが切れません。

スポーツスタークラッチ板の固着

エンジンを掛けて運搬車両に積載しようとした時にクラッチが切れない事が判明しました。まさか、まさかでした。
何度もクラッチ板の固着離脱を試みましたが全く反応なしで、一度あきらめてオーバーホールに考えが行きました。
しかし再度エンジンを掛けてクラッチケーブルもギリ迄張り小刻みに動かす事を試みて、時間は掛かりましたが、離脱に成功しました。

オイルに鉄粉
オイルに鉄粉

プライマリーオイル交換してみたら

クラッチが切れない、案の定と言うかひどすぎです。キャップ部分にスプリングのサビ、水分を発見しました。水分でオイルは、白濁状態です。


格安バイク車検トップページバイク車検スマフォ対応サイト案内

トーイン調整 ハンドルのセンター合わせ

トーイン調整 ハンドルのセンター合わせ

直進を走行中ハンドルがやや、左にずれていいて気になりますので、トーイン調整をして行きハンドルのセンターへ合わせて行きます。
簡単に言って車両を前方から見て左右の前輪タイヤが進行方向に狭くなっているのが、IN、スキーのボーゲンと言う事やね。
この状態のまま乗っているとタイヤの外側が極端に摩耗してきます。
前紹介の逆で前方に広がっているのがOUT、この状態で走行していますとタイヤの内側だけが摩耗してしまいますしなかなか摩耗の確認が見えないのでバーストしてしまう事になりかねませんので、注意が必要です。

ハンドルのセンターズレ
ハンドルのセンターズレ

ハイエース200系トーイン調整の位置

ハイエースの場合は軸の前方にトーイン調整ボルトナットがあります。これは車種により軸を中心として後ろ側にある事もありま
す。
今回は右タイヤ側の調整で上手くいきました。方法は、ハンドルを右にまわし、ドアを開けての方が作業はしやすいです。
注意写真画像は、左たいやタイヤ側の画像になります。

ハイエース200系トーイン調整
ハイエース200系トーイン調整

格安バイク車検トップページバイク車検スマフォ対応サイト案内

車のタイヤ交換にはホイールの事を学ぶ

タイヤの手組交換で基本を学ぶ

ホイールには、デザイン等によって作り方にパターンが有るようです。扁平タイヤを装着しているタイヤのホイールの脱着には、タイヤのビートをホイールから落としていく事から作業が始まります。
レバー2本を使ってビートを落としていく方法がありますが、これはベテラン、またホイールを傷つけたりとても大変ですので、何らかの器具を使ってビートを落としましょう。

ビートブレーカー
ビートブレーカー

ホイールの形状を学ぶ

ホイールの中に形状として表側に近い方に凹みが有るのがフォミュラと言うらしい。裏側に近い方に凹みが有るタイプがリバースと言うようだ。
私が感じるに多くのホイールは表側に近い方に凹みがあるフォーミュラである。
この場合のタイヤの脱着はホイールの表側を上にしてタイヤの脱着をします。
裏側に近い方に凹みのあるホイールはホイールを裏側にひっくり返しての脱着作業になります。(奥行を持たせるデザイン)

ホイールの凹み形状
ホイールの凹み形状

格安バイク車検トップページバイク車検スマフォ対応サイト案内